先日はてなダイアリーがブログへ強制移行されるとメールがきた。
僕には好きだったはてなダイアリーがひとつあって、その人がもういないためにサービスが終了してしまえば消えてしまうと思っていた。
だから正直なところ安堵した。
その人がいたことは疑いようのないことだけれど、いなくなってからもブログを見にいくたびにそれがまるでつい最近のことのように思えていた。日付は2008年から動くこともないし、どう読んだって古い情報だった。
でもその人はよく古本を買ってその書評を載せていたし、住んでいる地区もめまぐるしく変化するところではなかった。
だから日付が動くことはなくても、安心してよんでいた。これからもたぶん読める。
よかった、と思う。なくなってしまうのは悲しい。

尾白川渓谷

山梨へ旅行に行きました。東京からでも、横浜からでもアクセスの良い山梨。
電車でも遊びに行きやすいです。僕は車だけど。
尾白川は名水百選に選ばれている川で、とてもきれいでした。
昔行ったことがあるのですが、記憶があいまいだったのでまた来たいと思っていました。
吊り橋を渡る前に神社を通るのですが、水がとめどなく溢れているのがその敷地の中でもわかります。




BBQ

川へバベキューに行ってきました。
浮き輪を持ち、たくさんの家族連れに混じりながら(混じることができているのかはさておき)、
良い年の大人が集まって、肉を食べながら遊び尽くすというバーベキュー。

去年は澄んでいたという川も、数日前の雨の影響か濁り気味。魚は見えず。
川ではしゃぐ人たち。

友人夫妻が仕込みをしてくれた肉と玉ねぎ。

最後はやっぱり花火。ここは夜テント泊もできるので、泊りのお客さんもちらほらと花火をしていました。
子供連れが多かったのと、日曜日だったから遅くまでいる人は少なかったですね。

線香花火はどうして切なくなるんだろう。

志賀高原散策(志賀山・裏志賀山)

別の山を登る予定だったのだけれども、温泉を優先した為、志賀高原に変更。
さらに行きに道を間違え、昼前の到着となった為、
志賀山・四十八池めぐりに変更。行程は予定より楽に。

渋池

等間隔に配置してある、金属のパイプでできた鐘で動物に挨拶しながら歩く。
途中で分岐点があり、今回は志賀山→四十八池湿原の順に。
ルートとしては、正解だったかな。逆だとけっこうしんどかったかもしれません。

のんびりと歩く予定でしたが、思ったよりもけっこう岩場が急でびっくり。
手袋があった方が良い。


志賀山頂上からの眺め

基点からの眺め


裏志賀山


四十八池湿原


木の根、大きな岩、ぬかるみ、足下は石などなど。ロープを伝う場所もあり。虻がやたら多い。日向ぼっこをたくさんしていた。
だいたい往復3時間くらいでした。
山を登っている間中、動物の気配が濃厚で、どきどきしたり。

そのあとは、リフトに乗って山を下り、山田温泉へ。
志賀高原から山田牧場への道路は、国道292(平床)から笠ヶ岳を越える県道66(山田牧場)が道路が陥没しているために、現在通行止めだったので、通れず万座温泉のほうから迂回。その先でも、途中工事のため迂回路。そこがダートな道だったので、バイクだとちょっと辛いかな。
ぐるぐる迂回しながら、無事に到着。松川渓谷にある山田温泉はとてもよかった。また行きたい。

箱根ターンパイク→真鶴岬の三ツ石

あじさいがきれいだというので、
箱根ターンパイクを通り真鶴岬の三ツ石に行ってきました。
潮が満ちていたので、残念ながら歩けませんでしたが。

箱根ターンパイク

三ツ石。カニがたくさん。